HOME

手形割引の長所について考えてみる

手形割引の長所とは一体どのようなところにあるのでしょうか。
手形割引というのは約束手形を利用した金融サービスです。
支払いとして渡してもらった約束手形は本来ならその約束の期日になるまで支払いしてもらえませんが、手形割引のサービスを使いますとすぐに現金化してもらうことができます。
よく誤解を受けるかも知れませんが、これは厳密に言えば貸し金とは少し違います。
借金をするのではありません。
ですので基本的には約束手形の裏書譲渡をしてしまえば換金してもらったお金の返済の義務はありません。そこが貸し金とは全く違うところなのです。
そんな手形割引なのですが、長所といえばやはり期日までにお金が得られるところにあると思います。
そして貸し金でないということで取り立てに追われるようなことはありません。それも魅力的なところなのではと思います。
約束手形の額面の分が換金されるわけではありません。その業者により換金率の違いがあります。
一般的には額面が大きければ大きいほど換金率が上がる傾向があります。それから約束手形というのは利息をつけて本来は返済してもらえるものなのですが、その利息はすべて裏書譲渡をしてしまっているのでもらえません。
そもそも利息というのは待たせてしまったことに対するお詫びという形でついてくるものですので、すぐに現金化をしている時点で利息というものはもらえないものなのです。
手形割引というのはいざというときにはかなり役立つものですのでその点も非常にいいところなのではと思います。
例えば200万円を借りたい場合、消費者金融で借りようと思ってもなかなか貸してくれるところが見つからないのではと思います。
しかし手形割引でしたらすぐに現金にできます。
現金化したい人間があまり信頼のできる人間でなかったとしても借りられるのです。
審査されるのは手形を換金したい人ではなく、手形を発行した人だからなのです。ですので借りやすいというのも大きなメリットなのではと思います。
手形割引というのはあまり聞きなれない言葉なのかも知れませんが、もしももらうようなことがあれば換金をしてすぐに現金に出来るということを知ってもらいたいと思います。
ただ、あくまでも緊急でお金が必要なときだけ利用するようにしてもらいたいです。
緊急でなければ期日まで待ったほうが利息もつきますしお得だからです。
支払いに困窮しているなど、仕方ないときに役立つものです。

What's New(新着情報)

HOME